MENU

m字はげの治療に効果的なのは女性ホルモンの摂取

最近では女性の中でも生活習慣やストレス、喫煙やたばこの摂取などの習慣によりホルモンバランスが崩れたりすることで薄毛になり悩んでいる人も少なくありませんが、それでもやはり男性に比べたら女性の方が薄毛の人口は少ないとされています。

 

その理由として考えられるのは、女性には髪のハリやコシを与える女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が多いからです。加齢によって女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になることで薄毛が進行することからも分かるように、女性ホルモンは髪のとても大切な成分なのです。

 

それは結果的にm字はげの治療にも効果的なので、食材で女性ホルモンを積極的に摂取することが発毛を促すための良い手段となります。エストロゲンを直接摂取することは難しいですが、エストロゲンと似た働きをする食材を摂取することで髪を美しく保ちハリやコシを与える作用を手に入れることが可能になります。

 

エストロゲンと似た働きをする食材の一つに、豆腐や納豆などで知られる大豆製品に含まれる大豆イソフラボンがあります。

 

大豆は髪に良い原料となるたんぱく質でもあるので一石二鳥ですが、あまり摂取しすぎても意味がありませんので、豆腐であれば1丁、納豆なら1〜2パック摂取するのが良いでしょう。ただ、大豆製品だけで摂取しても直接m字はげの治療は効果がないので、同時に血流を良くして頭皮や髪にイソフラボンの成分を届ける役割をしてくれる栄養素を一緒に摂取することが大切になってきます。

 

トウガラシなどに含まれるカプサイシンは、血行を良くする働きがあり、キムチなどを豆腐や納豆と一緒に食べると効率よく大切な栄養素を一度に摂取することができるのでおすすめです。

 

m字はげの治療にためには、ただ育毛剤や発毛剤を使用するだけでは効果が出ないことがありますので、食生活や生活習慣の見直しなども一緒に考えていくことが望ましいでしょう。

更新履歴